花粉症を薬に頼らず緩和するにはお茶かサプリか?!

花粉症 お茶

花粉症ってどんな病気?

 

現在、日本人で花粉症に悩まされている人は4人に1人の割合になっているほど発症している人が多くなっています。この花粉症というのは、ヒノキやスギなどのような花粉がアレルゲンになり、アレルギー反応によってくしゃみや鼻水、目のかゆみなどといった症状が出てしまいます。

 

アレルゲンになっている花粉が飛散するシーズンに症状が現れるという特徴を持っているのですが、日本の場合、花粉症の原因になっている花粉は60種類前後あります。その中でもスギやシラカンバ、ブタクサ、ヒノキなどがアレルゲンになっている傾向が強いです。

 

また症状も鼻水やくしゃみ、目のかゆみ以外にも、涙が止まらなくなったり、目の充血や肌のかゆみ、発熱に近い症状などが出る人もいます。この他にもイネやシラカンバなどのアレルギーがある場合、特定の野菜などを食べると口の中などで症状が出てしまうこともあるのです。

 

これらのように花粉シーズンになると症状が出てしまう花粉症のことを季節性アレルギー性鼻炎というのですが、反対に季節に関係なく似た症状が出る場合は通年性アレルギー性鼻炎となります。例えば虫やペットの毛、ハウスダスト、ダニなど、季節に関係がないアレルゲンが挙げられます。

 

季節性アレルギー性鼻炎にしても通年性アレルギー性鼻炎にしても、免疫力がアレルゲンに対して過剰に反応を示すことによって発症するとされています。免疫力が異常な状態になっていますから、治療をしつつ免疫力を正常にしていくことが大切です。

 

花粉症で目のかゆみが出てしまうときの対策

 

花粉症になってしまったことで鼻水やくしゃみの症状が出ることは多いのですが、他に目のかゆみが症状として出ることもあります。鼻水やくしゃみといった症状だけを見ると風邪と間違えてしまいやすいのですが、そのくしゃみが連続して何度も出てしまったり、目のかゆみもある、サラサラの鼻水が大量に出るのであれば、花粉症の疑いがあります。

 

目の表面も粘膜になっていますし、常に外部に露出されてしまっている状態です。ですので花粉などが付着しやすく、花粉症の症状が出やすいのです。目のかゆみ以外にも涙や目のゴロゴロ感、目やになどといった症状が出てしまうこともあります。これらの症状はアレルギー性結膜炎とも呼ばれています。

 

なお花粉以外にホコリやダニなどといったハウスダストが原因で症状が出ることもあります。いずれの場合も花粉症の症状が出始める2週間くらい前から、抗アレルギー薬を使って治療をしてくようにするといいでしょう。また眼鏡などをかけるようにして、目に少しでも花粉が入り込まないように対策をしていくのもおすすめです。

 

かゆくなっても目をこすったりしてはいけません。目というのはとても繊細ですから、こすることによって悪化してしまったりしてしまうこともあります。ですので眼科などを受診して抗アレルギー点眼薬や抗ヒスタミン薬などを処方してもらい、症状を抑えていくようにしましょう。そうすれば目のかゆみなどのような症状もだいぶ緩和されていきやすいです。

 

花粉症によって鼻水が出てしまう時におすすめ!鼻うがいをしてみよう

 

花粉症のせいでサラサラした鼻水が止まらなくなってしまって、ティッシュが必須アイテムになってしまっている人もとても多いです。鼻水が止まらなくなってしまうと何度も鼻をかむのですが、そうすると鼻の下が真っ赤になってしまったり、カピカピになってしまうことだってあります。だからといって見た目的にティッシュを鼻に詰めることも難しいですよね。

 

花粉症による鼻水に悩まされているのでしたら、鼻うがいを取り入れるようにしてみてはいかがでしょうか?ここでは花粉症になるとどうして鼻水が大量に出てしまうのか、どうして鼻うがいがいいのかについてお話をしていきます。

 

まずアレルゲンの花粉が入り込むと、肥満細胞からヒスタミンが放出されます。これによって血管や粘膜などが拡張されてしまい、鼻水が大量に分泌され、花粉を洗い落とそうとするのです。つまり原因である花粉を鼻の粘膜から取り除くようにすれば、花粉症による鼻水の症状を止めることが出来ると考えることが出来ますよね。

 

通常の場合でも1日に大体1リットルほどの鼻水が分泌されると言われているのですが、花粉症によって鼻水の症状が出ると、さらに分泌量は増えることになります。鼻うがいをすることによって、鼻の粘膜に付着してしまっている花粉を洗い落とすことによって、鼻水を止めやすくすることが可能です。この方法は、鼻うがい水を鼻に注いでそのまま鼻や口から吐き出すというシンプルな方法です。

 

花粉症の改善が期待できるお茶ってある?おすすめは?

 

普段から花粉症の症状に悩まされていて、症状を緩和出来る方法を模索している人も大勢いると思います。この花粉症の対策として市販薬を服用したり、メガネやマスクをかけるといった方法があるのですが、他にもお茶を飲んで緩和させていく方法もあります。お茶ですから市販薬のような副作用のリスクもありませんし、普段から飲むことが出来るため、花粉症の症状に悩まされている人におすすめの方法なのです。今回は花粉症に効果が出来るお茶として、どのようなものがあるのかをご紹介します。

 

●甜茶
甜茶はバラ科の植物から作り出された健康茶で、甘みがあるというのが特徴的です。バラ科から作られた甜茶というのは、ポリフェノールの一つであるGODポリフェノールがたくさん含まれています。これによってヒスタミンを作りにくくしていくことが出来るようになるため、アレルギー症状を抑えやすくすることが出来ると考えられているのです。さらに甜茶はノンカフェインになっていますから、妊娠中などでも飲みやすいという点もメリットと言えます。

 

●ルイボスティー
ルイボスティーも最近、健康茶として有名ですよね。このルイボスティーもノンカフェインですから、妊娠中の方や子供が飲んでも大丈夫です。SDOといわれる成分が含まれているのですが、この成分には免疫力を高める働きがあるとされており、症状を抑えやすいとされています。

 

●なたまめ茶
なたまめ茶は、最近口臭対策のサプリメントなどにも用いられているのですが、花粉症に対しても有効だと言われています。血行を促進させることによって、炎症を和らげて鼻づまりなどの症状を改善させやすいそうです。

 

花粉症の症状に合わせてアロマオイルを選ぼう

 

アロマというのは冷え性や不眠の改善、ストレスを軽くするなどといった色々な働きが期待出来るため、アロマを取り入れているという人も多くなりました。このアロマはアロマオイルを用いるのですが、その中には花粉症の症状に効果が期待出来るものもあります。

 

●鼻づまりに適しているのは?
鼻水や炎症のせいで花粉症で鼻づまりになってしまうことはとても多いです。鼻づまりになってしまうと匂いも分からないため、アロマオイルを嗅いでも意味は無いと思っているかもしれません。匂いは分からなくても効果は発揮されるものです。この鼻づまりの症状に対して期待出来るのは、ペパーミントやティートリーそしてユーカリです。

 

●目のかゆみに期待できるアロマオイルは?
目のかゆみに効果が期待出来るアロマオイルとして、ラベンダーとカモミールがあります。

 

●頭痛の症状に悩まされている時には?
花粉症でくしゃみを連発していたり鼻づまりになっていると、頭痛の症状に悩まされることも多いです。この頭痛の症状が出やすいのであれば、ローマンカモミールやティートリー、ラベンダーのアロマオイルを嗅ぐようにするといいでしょう。

 

このように花粉症の症状に合わせてアロマオイルを選ぶようにすることで、症状を和らげやすくすることが期待できます。ただしここで覚えておいてほしいのですが、アロマの匂いを嗅げば効果が出るというわけではありません。あくまでも精油を用いるようにしなくてはならないことは覚えておいてください。最近は百均でもアロマが売られていますが、あくまでも匂いだけであり精油ではありませんので、百均のアロマを嗅いでも効果を得ることは出来ません。